CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
豆皿1000プロジェクト8
今回の豆皿の中には、ガラスのものもある。


何という美しさだろう。
画像ではよくわからないけど、少し深さのある形。


高梨良子さんというガラス作家のもの。


欲しいなあ、と思ってる。


直径9cmくらいの小さな宇宙。


どう使う?
真っ白なクリームチーズをサイコロのようにしてピンチョスなんかどうかな。
小さなミントの葉っぱをちょんとのせて。




あ、あ〜・・・あとちょっとでそらまめが・・・


| 工芸 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト7
九州の波佐見に訪ねた吉村さんの豆皿。

よく見るとほのぼのとした味わい。
絵柄のテーマも。


吉村さんの印象そのままのおおらかな楽しさがある。


静かな山里、そんな印象の波佐見に吉村さんの陶房はある。
初めてお目にかかるのにたちまちに緊張がほぐれるおおらかさ。
豆皿プロジェクトへのお願いもそこそこに、次なるテーマなど自然に話が広がっていく。
いつか、酒の器をテーマにしたいね、と意気投合。
作風も、染め付け、色絵、青白磁もきりっとキレがいい。
作るものの幅の広さは、吉村さんの懐の深さにも通じるのかな。


豆皿と言えども1000枚、それぞれにじっくり見ていると作り手の人柄が感じられ深い。
はじめは気がつかなかった静かな作風に独特の詩情を感じたり。


いつか、この吉村さんの動物や草花の豆皿に詩を合わせてみたいなと思う。




ワイドレンズで寝姿撮るなんて・・・まったく失礼だ! とはレオン



| 工芸 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト6
もうすぐ新しい年になる。
干支は兎、集まった豆皿の中で、兎をちょっとピックアップしてみようか。


見落としているかもしれないが、ちょっと拾っただけで10個あった。


兎にまつわる民話や言い伝えなど、そういえばたくさんある。
月で兎が餅つきしている・・・こんなお話しはいかにも日本ならではのメルヘンだ、と外国の人が言ったとか。


そういえば、息子は卯年。
36歳になる?




頭のてっぺん、どう?ソフトモヒカンになってるでしょう?




| 工芸 | 00:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト5
 今回集まった作品の中で、発想のおもしろさに驚かされることがあった。

ガーベラの花、その葉、ジクソーパズル・・・
井上塁さんという若い作り手のもの。


若いっていいなあ、と思った。


発想の源にあるモチーフはその人の育った時代の風景にあったもの。
そんな気がする形だ。


器は料理を盛るモノではあるけど、そんなあるべき論に自分はとらわれていないか?とふと立ち止まって考えてしまう。


もっともっと作る人に会いたい。


自分の年齢も、経験も引き算は出来ないけど、若い作り手の人たちに会うと、時々、はっとさせられることがある。
いつの間にか少し感性が硬化し始めていないかと。




お耳の毛が長くなるとベルばらのオスカルみたいってお母さんは自慢する・・・でも自分でも思うの、このお耳何のためのデザインだ?
| 工芸 | 04:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト4
 今回、直接お会いしていない若い作り手の人たちの作品は思いがけない発想で驚かされることが多かった。
その中のひとり、シマムラヒカリさんの豆皿を紹介したい。


動物をテーマにして、実は、裏側もデザインがあって素敵。


一日で700枚くらいの撮影をしたために、全て、同じカメラ位置、同じアングルで撮ったため裏をご紹介できないことが残念。
日を改めて、又撮り直そうと思う。


日本の器の中にも動物を描いているモノは多いけど、こんなサファリ系の動物は新鮮。
デザインのこなし方にもセンスが感じられ、どんな人が作ったのかとイメージが広がる。


伸びやかでとらわれていない自由さが好きだと思った。
又いつかお会いしてお喋りしてみたいと思う。




なに?額にしわよってるって?  今考えごとしてるから・・・


| 工芸 | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
冬の日だまり2
お鼻の上が毛が抜けっちゃって・・・
あ〜あ、色男も台無しだ〜 
| ペットのこと | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト3
昨日、この豆皿1000プロジェクトに参加してくれた作り手の方々のリストを整理してみたら150名以上に上っていた。
個人作家もあれば、窯元として中量生産が得意なところも多い。
圧倒的に陶磁器が多いけれど、その数量的な割合はまだ出せていない。


このプロジェクトを始めるときに、オリジナルはもちろんたくさん欲しいけれど、同時に、日本の産地モノの水準の高さもアピールしたいと思った。
山口さん(山口陶器店社長)を通して、有田、波佐見、唐津などの品もたくさん集めていただいた。
有田は日本の磁器の発祥の地。
海外へ陶磁器の輸出の窓口を開いた地でもあり、どうしても外せない。
出発点、すなわち軸足を定めてこその、若い作り手のアヴァンギャルドも生きるというものだ。


これは有田の李荘窯にて打合せの時。
李荘窯の寺内さんが中心となって、有田のサンプルを集めてくださった。
どれも淡々と職人さんたちが作ったものばかり。


豆皿は、所詮雑器とひとくくりにされるカテゴリーなのだけど、こんな小さな中になんと多彩な表現があることだろう。
それぞれの画像を見ていると小さなモノなのに、大皿の風情があったりユーモアを感じたり。


手のひらの上で楽しむ豆皿をテーマにして正解だと思った。



ただいま入院中

 
| 工芸 | 09:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
冬の日だまり
冬の日だまり・・・
すっかり弱ってしまったレオンである。


奇跡を祈るように日々過ごしている。 
| ペットのこと | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
豆皿1000プロジェクト2
 豆皿1000プロジェクトの企画が、メゾン・エ・オブジェの審査を通過したと連絡があったのは9月の15日だった。
絶対大丈夫、と思ってはいたけど、動くに動けず。
悶々と狂気の暑さの中を過ごしていた。


11月には荷物を出荷しなくてはならない、とすると、正味1ヶ月半。
さあ、ダッシュだ。
と言っても、ひとりで日本中走り回る時間はない。
どないしょう・・・


不思議なものだ。
天から舞い降りるがごとく、最も必要なときに、必要な人が現れてくれた。
一番大きかったのは、築地の山口陶器店の社長との出会いだろう。
実務面での打合せもろくすっぽせぬままに、流通の力仕事を引き受けてくださった。


山口さんは九州出身。
私は、九州の人と聞くとそれだけで安心してしまう。
なぜなら、九州で仕事を随分してきたが、不愉快な思いは一度もしたことがない。
逆に熱い心のお土産ばかりもらっている。
だから、有田を中心とする九州地域はお任せ。


全国のまだ私の出会っていない若い人たちも参加して欲しい。
それらの人たちへのアナウンスは、山口さんのスタッフである江口さんが引き受けてくれた。
彼は小さなギャラリーも自分でしている。
ほんとに、自分の隙間を埋めてくれた。


自分で直接回ったのは京都を中心とした地域と北陸。


新しい若者の発見があった。
いいでしょう?これは小松の宅間祐子さん。
少し大きいので、サイズダウンして作ってもらうことに。
話せば同郷だった。
可憐で健やかな感性を感じさせた。


これは同じスタジオをシェアして作っている工房あめつちのもの。
今回は参加してもらえなかったけど。


何れも、同じくらいの年代の若い人たちが4組で場所をシェアして仕事をしていた。
どの人たちも、なかなかの仕事ぶり。
ゆるりとした居心地のいい仕事場だった。


北陸で出会った若い作り手の方たちは、30代。
一番、大変な時代に、社会に出た人たちだと思う。
余りに素直な人柄と生き方に驚かされた。
よくぞ、自分の道を見つけたねえ、と拍手を送りたい。


今回のプロジェクトで発見した事など、ブログで披露していきたいものだ。




ぼくの目の先にはジャーキーが・・・・・








| 工芸 | 12:22 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
豆皿1000プロジェクト
11月はじめに集まった豆皿の撮影をした。
これはほんの一部。


直径9cm以下、形もテクニックも素材も自由。
こんなお願いに全国から100名近くにのぼるだろう作り手の方々が作品を寄せてくださった。



今年の5月頃、我が家でミーティングしていたときのこと。
ふと、豆皿どうかな?
まめざら?
マメザラ?
ま・め・ざ・ら・・・いいね!
と居合わせたみんなが盛り上がった。
やるなら、1000個集めよう!


というわけで、豆皿1000プロジェクトを始めることになった。
ついでに、人に勧められて、JETROが来年1月のメゾン・エ・オブジェ(フランスで年に2回開催される世界最大規模の見本市)のジャパンブースに参加企業を募集してるから、企画書を出せ、と勧められ、友人と手分けして一晩で企画書を作り上げ、出した。(その時点で、締め切りの2日前だった・・・)


はずみと言ってしまえばそうには違いないが、これには自分たちなりの大きな深い思いがこもっている。


なぜ、豆皿なのか。


何年も、日本の工芸の担い手の方々とつながって仕事をしてきた。
導かれるように、工芸の世界に戻ってきた気がする。
誰も見ていなくとも、丁寧な仕事を積み重ねてきたもの作る人々。
きっと世界中でそんな人々はいるに違いないが、日本のもの作る人々の心根は清々しく、人としての有り様をいつも教えられた。
そしてその日本の工芸の環境も今悲惨な状況である。
こんないいモノと作り手を守りつなげていくことが自分の使命のような気がしている。


日本の工芸を見ていて気がついた。
手のひらの上で愛でる美しさだと。
それほど細やかな美しさがある。


だから、とりあえず、豆皿だった。


いろんな素材、テクニック、陶器、磁器、ガラスに金属、そうそう、漆、轆轤でひいた木の器などなど・・・
1000個も集めたら日本の工芸地図が出来るかな。


そしてその通りになった。
一堂に並べてみれば、それらは産地の特色を存分に歌い上げる。
若い作り手は、小さな豆皿に思いを一心に表現しようとする。
さらりと達者な絵を描く若者や見えない裏側に工夫を凝らす人など。
又、老練な作り手のさらりとしたタッチに驚く。


大きさや形などに規格外のモノは選考から外さざるを得なかったことは、心が痛んだ。


これらを持って1月はパリへ。


ただ見せて喜ぶほどのんきな仕事は考えていない。
私にとって、発信すると言うことは、それぞれに販売のチャンネルを結びつけビジネスとして育てていくことだ。
小さな豆皿で世界をつなごう!と、私たちはたいそうなでかい夢を追っている。
すぐさま結果が出るものではないが、私は必ず、このプロジェクトを続けていく。


豆皿1000プロジェクトに参加した人たちが、いつか、自分の作った器が世界のどこかで使ってくれている人がいる、と思ってくれたら、私は嬉しい。




ちょっとヘアスタイル見てくれる?頭のてっぺん、ソフトモヒカンにしてみたの・・・・








 
| - | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |